読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行った講演会の内容を全部ブログとかFacebookに書いちゃう人って、誰のために書いてるんだろうか。

いろんなところで見かけて、いつも気になる。

 

行った講演会や、占いの結果なんかもそうだけど、

聞いた話、自分が言われたこと、

全部書いちゃう人。

 

純粋な自分の覚書だったら、

誰にも見えないところに書けばいい。

 

そうじゃないとしたら、

誰のために書いてるんだろうか??

 

例えば、講演会でしゃべった人の応援がしたくて書いたんだったとしたら、

それを聞いて自分がどう感じたかを書く必要がある。

 

自分の記事を読んだ人が、その人の講演会に次は行ってみよう!って、

思うように書かないといかんと思う。

 

聞いた話を全部書いてしまったら??

 

果たして、行きたいと思うんだろうか。

 

全部1から10まで詳細にわたって書いてあったら、

それで事足りて行かない人もいるんじゃないかな。

 

本当は、そのスピーカー本人から聞くことに意味があって、

スピーカーの空気を感じることに意味があるんだけど、

それがわからない人は、

「内容わかったから、もういっか」になっちゃう人もおる。

 

それってね、読んだ人の人生のチャンスも奪ってしまうのよね。

 

あるいは、自分のブログの読者のために書いたんだったとしたら、

本当に読者のためになるのは、

内容をシェアすることではなく、リアルに足を運ぶように働きかけること。

 

だって、又聞きって、クオリティ下がるじゃん。

 

内容のシェアだけだったら、

スピーカーの書いてる本を読ませたほうがよっぽどいい。

 

こないだ、デュークさんが言ってた。

 

「人の話は、『聞く』んじゃない、『覚える』んだ」

「覚えきれないから、『書く』んだよ」

 

なるほどーって思った。

 

でも、聞いて覚えたことが、自分の血肉となるためには、

実践しないといかん。

 

実践して、初めて自分のものになって、

自分のものになって初めて、人に伝わるものになるって、

私は思ってる。

 

そこ、わかってて内容をシェアするのと、

わかってなくてシェアするのと、全然意味が変わってくるなと思う。

 

あとね、全然別物だけど、

プロポーズの言葉とか、彼氏からの手紙とか、

彼氏にしてもらったこととか、

そのまま写真や事細かなエピソードを、載せちゃう人。

 

相手は掲載を許可してるのか、とても気になる。

 

私だったら、相手にそれやられたらキレる。

だって、その人に個人的に伝えたいコトなわけで、

全世界へ発信したいコトではないからね。

 

「彼氏はFacebookやってないから」とか言っちゃう人いるけど、

そーゆー問題ではない。

 

きっと、「私、愛されて幸せなんです♡」って、

世の中にPRしたいんだと思うけど、

それを自慢したいならば、手紙の中身載せちゃうよりも、

手紙をもらったことがどれだけ嬉しいかとか、

それを読んでどう感じたかを書いた方が、

周りは「いいな」って思うと思う。

 

あれだよ、あれ。

 

チラ見せ効果。

中身がわからないから気になるっていうヤツ。

 

あれ、うまく使えるといいね。

ビジネスも恋愛も。