読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素直でいられる相手とそうでない相手。

おる。

 

どうしたって、おる。

 

私、見栄っ張りだから、

基本、負けを認めたくない。

というか、認めたら負けと思ってるフシがある。

カッコ悪いとこ見せたくない。


やで、「◯◯でしょ?」って言われても、

とりあえず、「違うもん」って言いたい。


例えば、

「プロレス好きなんだよね?」に対して、

「そんなことない」って、

1年くらい言い続けてたし。


今は、しぶしぶ認めとる。

あ、最初はね、本当に好きじゃなかったよ。

好きになったのは、最近。


でも、素直に認められるときもある。

相手にもよるし、案件にもよる。


最近、この人の前では認められると思ったのはねぇ。


とある案件について、話してたとき。


・・・

私、「あなたの言ってることは矛盾してるよ」ってことを伝えてるんだけど、

とある人には伝わらない。


これから世の中が変わってく中(暦の流れ)で、

世の中がそーゆー人たちを裁く流れがくるから、

だったら、世の中がその人を裁く前に、

私がきちんと言っとかないと!!


って、思ってる。


「私が言っとかないと!」の理由って、

みんなに言われたらその人が辛い思いをするから、

先に言おうっていう側面もあるけどね。


それは、建前で、

私が言って、世の中の人たちにおんなじこと言われたら、

「ひとみんは正しかった」ってなるなーっていう、

「自分が正しい」を知らしめたいだけの、

完全にエゴな側面も。


んー。

どっちかってゆーと、エゴ全開な私がおる。

・・・


っていうような、私の思いをシェアしたの。

いろいろわからないように書いてるから、

わかりづらかったらごめんね。


この「エゴな私」、本当は知られたくない。

だって、ダサい。

だって、めちゃめちゃカッコ悪い。


でもね、このシェアした人や、ある種類の人たちの前では、

そんなダサくてカッコ悪い私も、

全然出せるのですよ。


そして、シェアした人に否定されなかったから、

今、ここに書いてる私がいる。


素直にダサい自分を出せる相手と、出せない相手、

何が違うかって言ったら、

私を否定しないでいてくれるのと、

私が「違うもん」って言ったら、

それもちゃんと聞いてくれる。


他の人が見たら一緒じゃんって思うくらいの、

ほんのちーっちゃい、些細な違いも、

私は「違うもん」って言いたいんだけど、

それを理解しようとしてくれるんだよね。


わかったフリじゃなくて、きちんと。


今、周りに何人いるかって言ったら、

ほんの数人なんだけど、

そーゆー人が数人周りにいるって、

すごいこと。


フツーに生きてきてたら、ほぼおらんと思う。


私ってば、ラッキー♡ 

1人でも頭に思い描けた人、あなたもラッキーです♡ 


何があっても味方だと心の底から思える人が1人でもいるから、

私、そうしてもらうのがすごく嬉しいから、

すごくありがたいから、

すごく自分の成長になってて、

すごく自分を見つめるキッカケになってると感じてる。


私の周りにいる、私の大事な人たちには、

否定しない環境を提供すると決めている。


完全にできてるかっていったら、

できてないときはあるだろうけどね。

これは、やり続ける。


ちなみにね、サッサと認めた方が、

本当はカッコいいことを、私は知っている。


サッサと認めて、いろんなことを明らかにして、

どんどん改善に取り組んだ方が、

自分のためになるということも、知ってる。


「知ってる」と「やってる」、

すんごい差なのも、知ってるー。


そして、認めたら何に負けるのか、

それは、よくわからない。