読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマルコミュニケーションを体験してきた。

11月29日(日)、イベントに出展してきたよ。

 

受講生さん主催で、タロットやパステルアートなど、

私を含めて7つのブースで、コンパクトなイベント。

 

お客様は、出展者のお友達だけ。

出展者同士も仲良くなることを目的としていて、

すごくアットホームな雰囲気で、楽しかった〜。

 

私は、楽読と手相鑑定で出展。

ぼちぼちご好評をいただいて、嬉しい♪

 

んで!!

 

私がもっとも注目していたのが!!

 

アニマルコミュニケーション!!

 

今回出展されてた、chisacoさん。

Salon de. &C - 片田舎のなかよしふたりのページ 魔女★ゆき アニラー*chisaco

 

この方に見てもらっちゃった。

 

私がずーーーーーっとひっかかってたこと。

7月の5日に拾って、13日に亡くなった、

茶トラ猫のレンちゃん。

 

もしかしたら、私が拾ったばっかりに、

早く死ぬことになっちゃったんじゃないかな。

私のミルクのあげ方が、悪かったんじゃないかな。

彼は、私のところに来て、少しでも幸せだったのかな。

 

そんなことを思って、ずっと自分を責めてたですよ。

実は。

 

・母猫が、すぐに死んでしまうことをわかってた上で、

 「人間に拾ってもらえる場所」に置いていったこと

・母猫が、私にとても感謝してくれていること

・レンちゃんは、もともと心臓が悪かったこと

・左目がほとんど見えてなかったこと

・消化器官がとても弱かったこと

・拾われて、うちに来て、安心してくれたこと

 

こんなことを聴けた。

 

彼が、彼の母猫が、嫌な思いをしてなくてよかった。

彼の寿命を縮めるようなことになってなくてよかった。

 

気になることあったら、みんな聞いてみたらいいと思う。

 

今回は、レンちゃんのことだけにしたんだけど、

次は、母宅にいる猫たちについて、聞いてみようと思う。