読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇金ウシジマくんを読んで、お金について振り返る。

この作品との出会いは、ドラマ。

 

何年か前にドラマを見て、怖いと思いつつ、

目を背けながらも毎回見てた記憶。

 

最近、やたらめったら広告なんかで見かけると思っていたら、

今やってて、さらには映画やるんだね〜。

 

今、これの原作マンガを読んでてね。

ドラマ見るより想像力が働く分めっちゃ怖い。

 

想像力豊かなの、私。

 

無料マンガアプリで細切れで読んでるから、余計だよね。。。

次どうなるか想像しながら読むから、怖くてしょうがない。

 

でも結末が気になるから、続き読む。

 

ウシジマくんで、「10日で5割の利息」って言われてるのに、

すでにいろんなところ(合法)に借りてて、それが返せなくなってるのに、

闇金(違法)でお金を借りる登場人物の気が知れない。

 

現実に、闇金で借りている人ってどのくらいいるんだろうか。

 

私、借りるときは親に借りると決めている。

基本的に。

 

昔、会社の同僚と、車の購入について話をしてたとき、

なにげなく「親に借りたらいーじゃん」って言ったら、

場の空気が凍ったことがある。

 

「親が、お金ある人ばっかりじゃないんだよ」って言われて、

今までの自分にはない価値観だったから、

とても驚いた記憶。

 

後日、「親に車買ってもらった」と、話した同僚が、

他の人たちからハバにされた事実を聞いて、

さらに驚愕した。

 

私にとっては、親に車を買ってもらうって、

当たり前のことだったんだけど、

よその家庭ではそうでないとこもあって、

それを話したことでハバにされるとか、

心の底から意味がわからんと思った。

 

大人なのに、ハバって。

 

その子と私は家庭環境が似てたから、

私は、他の子と話すより、

その子と話す方が、気をつかう必要がなくて、楽だった。

 

自分が生まれ育った家庭が、

とても恵まれているのかもしれない、と、

気付き始めたのはその頃かも。

 

それまではずっと、

家庭環境が近しい人たちの中で生きていたから、

わからなかった。

 

中学高校の同級生たちと、

「どうやら世間と私たちの常識はちょっと違うようだ」と、

情報交換するようになったのも、その頃な気がする。

 

一般社会に出て、カルチャーショックを受けていたのは、

私だけではなかったことに、とても安心した。

 

・親が会社やってることバレないように気をつけてる

・通勤着は、安いものをわざわざ買ってる

・車、会社に乗ってくから、外車から軽に買い換えた

 

そんな話をきいて、またもや驚いた。

もちろん、気にせずいつも通りに生活している人もいたよ。

 

なんかねぇ。

日本って「同じである」が大事なんだな〜って。

自分の責任ではないこと(生まれた境遇)さえ、

「違う」ってだけで、責められる原因になるんだな〜って。

 

なんか納得いかないな〜って思いながら、

仕事やりづらくなっても困るし、

私にとっては、「普通でいる」「目立たない」ことが大事で、

周りに合わせるようにしてたな。。。

 

今はねぇ、気にしてない。

どう見られてもいいっていうか、

そんなことで離れる人は、離れればいいと思ってる。

 

そんなことより、もっと大事なことってあるし、

そんな外側のことよりも、内側を知ってほしいし、

相手のことも、内側を知りたいって思う。

 

お金、大事だけど、

現状に不満があるなら、稼げばいいし、

増やす方法、貯める方法、勉強すれば、

どうにでもなるわけで、

その人のお金があるないの事実よりも、

その人がそのための努力をしてるかしてないか、

そーゆー向上心みたいなところがあるかないか、

そっちのが大事だなー。

 

f:id:PLEASURETONE:20160817145616j:image

 

受講生さんからいただいた、おみやげ。

これ、めっちゃおいしい♡