読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所持金0円で、名古屋から札幌までたどり着いた話。

先日、札幌に出張で行ってきたんだけども。

 

その時ですね。

 

自宅にお財布を忘れて出発した。

 

気付いたのは、セントレアに向かう名鉄(私鉄)に乗ってる途中。

マナカでピッて改札入って、

残高的にちょびっと追い金いるなと思って、

お財布を探したら入ってなかったの。

 

最初、スマホもカバンに入ってなくて、

あらってなったけど、

ルーターあるし、パソコンあるから、

最悪現地の知人との連絡はとれることを確認。

 

で、コートのポケット探したらスマホ出てきたー。

とりあえず、現地の知人に「財布ないかも」と連絡。

 

取りに戻る時間はない。

お約束があったから、飛行機の変更はありえない。

 

セントレア着いたら、荷物を広げられるところで全部出して、

もう一度、お財布があるか確認するとして、

考えることは、札幌駅までどうやってたどり着くかということ。

知人と合流してしまえば、なんとでもなる。

 

思考を整理するために、Facebookに現状を投稿。

こーゆーのって、慌てたら終わりなので、

状況を整理&客観視するために、書き出す。

 

書いてるうちに笑えてきたよ〜。

そしたら、簡単だった。

 

越えなければならない壁はたったの2つ。

 

名鉄セントレア駅で、改札をでること。

千歳駅で、改札に入ること。

 

幸い、航空券はスマホで確認するから、飛行機は乗れる。

新幹線だったらアウトなので、飛行機でよかった。

 

セントレアの駅について、駅員さんに事情を説明したの。

「お財布忘れたから、帰りに払います」って。

 

帰りは何時頃ですか?

4日後です。

え?

 

みたいなやりとりはあったものの、

名前やら連絡先やら書いて提出して、

改札を無事出してもらうことに成功。

 

飛行機はスムーズに乗り降り新千歳到着。

 

その頃には、現地の知人からの返信が来てて、

札幌駅までお金持って迎えに来てくれるとのこと。

 

JRの新千歳駅で、改札に入れて欲しいと懇願。

名古屋から来たこと、お財布を忘れてきたこと、

もちろんクレカもないこと、知人が札幌駅までお金を持ってきてくれること、

全てお伝え。

 

最初は、「札幌駅で支払いが確認できてから」と言われたけれど、

「約束があるから困る」ことを伝えたところ、

対応してくれてた駅員さんが走ってどこかへ消える。

 

どうやら駅長判断案件だったようで、

名前、携帯番号、来てくれる知人の連絡先を提出し、

改札を入れてもらうことに成功。

 

札幌駅で、無事、知人と合流し、

お金もらって、駅員さんにお支払いして、

改札を脱出。

 

いつもは、「何か足りない時は買えばいい」って思ってて、

財布の所在だけは絶対確認してからおうち出るんだけど、

今回は、それを忘れたのであります。

 

理由のひとつとしては、前日、お世話になってる方の結婚式があって、

いつもと違うカバンにお財布を入れ替えたこと。

 

もうひとつは、準備がギリギリだったこと。

 

まぁ、そんな敗因もありつつ、

きちんとたどり着けて、

約束に穴を開けずにすんだのは、

「絶対行く」って、決めてたから。

 

結果を決めてると、

「それを達成するためにどうするか、どう動くか」に、意識が向くから、

「行けなかったらどうしよう」とか、ない。

 

よく言う、「思考は現実化する」とか、

「引き寄せ」とかってこれよ、これ。

 

思い描いて、「その結果を得るためにどうしたらいいか」を、

全く考えてなかったら引き寄せなんて起こらない。

 

もちろん、思いもよらなかったルートから得たい結果がポンと出てくることもある。

それがなんで起こるかということについては、

私なりの答えがあるけど、また今度。

 

基本的には、引き寄せているように感じるだけで、

自分がそっちに進んでいるんだよー。

 

これに気付いてから、引き寄せという言葉に違和感。

 

まぁ、それはおいといて。

 

何が言いたいかっていうとね。

決めたことはちゃんとできるんだよーってこと。

 

なんでそれがしたいのか、しっかり掘るべし。

そして、ちゃんと決めるべし。