読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きだけど一緒にいられない。

ここ数日、母が旅行に行ってるので、

1日1回、母の家の猫たち(4匹)のお世話をしにいっております。

 

ごはんとトイレと、生きてるか確認。

 

人見知りの子もいて、たまにしか来ない私を他人認定してるから、

当たり前のように出てこない。

 

ので、探す。

ひたすら探す。

 

コタツ(年中隠れられるように薄い布がかけてある)の下、クローゼットの奥、上、猫専用(本当は姉の)部屋、ソファの下、棚の中、カーテンの陰、などなど。

 

あっちも私に見つからないように必死だで、けっこー大変。

 

で、全員動いてるのを確認してから、帰る。

 

昨日は、行ってちょっとのんびりしたんだけど、

1時間ぐらいのんびりしてたら、アレルギーで死ねると思った。

 

切ないわと思う。

 

うち、弟もアレルギー体質なんだけどさ。

 

弟、何年も前に「これからは農業だ!」って言って、

養豚場で働いてたことがある。

 

アレルギーも大変だったみたいなんだけど、

真の退職理由は、

 

可愛がって育てた子たちが、出荷されるのが耐えられない。

 

って言ってて、笑った。

 

ブタはけっこーデリケートで、

ちょっとしたことですぐ死んじゃうんだって。

 

それもかわいそうでしょうがなかったみたい。

 

私とお母さんは、弟がめっちゃ、動物が好きって知ってたから、

「あの子、出荷に耐えられのかしら」って話してたの。

 

やっぱりねーって。

 

弟、基本かわいくないなーって思ってて、

あんま仲良くもできんけど、

そーゆーとこは、かわいいなって思う。

 

ちょっとそれたけど。

 

自分が相手(猫たち)のこと大好きでも、

自分の都合(アレルギー)で一緒にいられないこともあるし、

相手の都合(人見知り)で一緒にいられないこともあって、

これって人間も一緒だなーって。

 

私たちには私たちにちょうどいい距離があって、

それを探す日々なんだろうなと。

 

これってきっと、誰に対しても一緒だね。