読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が簡単にできるから、みんなもできると信じて疑ってなかったんだけど、違うと知って驚いた。

私、どんな説明もだいたい1回きいたら理解して、

さらには人にしゃべることができる。

 

しかも、ちゃんとポイントをおさえて。

 

これ、誰でもできると思ってたんだけど、

違うって、最近知った。

 

みんなはできないって、知らんかった。

 

最近、いろいろ説明する機会が増えてて、

毎日同じことをいろんな人にお話してるんだけど、

「とてもわかりやすい」って言っていただけて、大変ありがたい。


これ、トレーニングの賜物だと思ってる。


以前、ケータイ業界にいたんだけど、

ケータイ業界って、めちゃめちゃ進化が早いのね。


本体の機能もだけど、それに伴って、

プランやオプションも、ものすごい速さで仕組みが変わる。


その更新を日々理解して、

スタッフが理解するように説明して、

お客様に伝わるような説明の仕方を考えて、

なんてことを6年近くやってたワケです。


そりゃあね、鍛えられますのん。


そして、同じ立場におる人たちみんな、

それができる人たちばっかだったからさ。


世の中の人は全員、聞いたことをすぐに理解して、人に話すことができる。


って、思ってたんだよねー、私。


全員ができることではないってわかったの、

ごくごく最近。


会社、辞めてから3年半くらいだけども。

特殊能力って、気付かんかった。


私がそう感じてるってことは、

前の会社の同じ立場の人たちみんな、

自分の能力を低く見積もってる可能性あるよな、なんて最近思う。


いろんな人に出会って、見て、感じて、

あの会社の人たちは、本当に能力の高い人たちだったわと。


それもなー。

最近だよね、わかったの。


あぁ、もったいないことをした。


あんな能力の高い人たちが集まってる職場だったって、

その時には気付いてなかった。


いる場所が変わったり、やることが変わったり、

立場が変わったり、なにか環境が変わることで、

初めて気づくことっていっぱいある。


当たり前って思っちゃうの、

めっちゃ怖いことだし、めっちゃもったいないことだわ。


逆にね、私ができないことをサラッとやってのける人も、死ぬほどおる。


そーゆー人たちはそーゆー人たちでまた優秀で、

それをご本人が認識してないことが多いかなと感じる。


もっといろいろ、噛み締めて、味わって、

「あんたらすごいよ」って、言い続けよ。


うん、そうしよ。

 

 f:id:PLEASURETONE:20160824025443j:image


油分のないチョコ。

めっちゃおいしい♡