読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人との約束は、ネガティブに捉える。

自分が何かやるときは、ポジティブベース、
何かしてもらうときは、ネガティブベースで考える癖がある。

ポジティブベースって、
「絶対大丈夫」「できる」とか思うってこと。

例えば、イベントやるとき。
「人数集まるでしょ」とか、
「マイナスにはならんやろ」とかね。

そこに根拠はないなー。

ネガティブベースって具体的にどういうことかというと、
例えば、ホームページから予約が入ったら、
当日、お客様は来ないんじゃないかと思う。

まぁ、ある種信頼してないワケ。

来ないつもりでいた方が、
実際来なかったときに傷つかないし、
来たら、めちゃめちゃ嬉しいからね。

そうやって、自己防衛ばっかしてきたんだわと思う。

何かあったとき、まずネガティブな結果を想像する「クセ」。

あと、よくあるのは、知ってる人から着信があったら、
「怒られるんじゃないか」って思う。

根拠はない。
や、あるときもある。
でも、大概は、ない。

で、電話に出たり折り返したりする。
残念な結果を想像しすぎるゆえに、
その場で出られないこともあって、
決意をしてから折り返すこともある。

んで、実際話すと怒られることなんて、
ほぼないんだけどね。

なんだろね、コレ。

何度か電話するうちに、
「この人は大丈夫」って思うようになるから、
そしたら、その人からの電話は平気になる。

書いてて気付いたことがある。

私、電話は苦手だ。

コールセンターで長いこと働いてて、
そこでは、だいたいクレーム対応してたから、
あれだわ。

電話=クレームっていう、
思考回路ができてるわー。

恐ろしい。

こうして、人はいろんなクセや、
常識や、思い込みを身につけていくのね。

気をつけよっと。