読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰に頼んでもどっかに気を遣うとき。

気づいてしまった。

めっちゃびっくりした。

 

例えばさ、お花の教室をやってる人と出会ったとするじゃん。

すでに、お花の教室をやってるお友達が何人もいたとするじゃん。

誰に習いに行っても、どっかに気を遣うな〜って思って、

結局、習いに行かないと決めるんだけども。

 

これ、私の本音は、

「別に習う必要ない」のときももちろんあるけど、

「習いたい人がいない」のときがあると気付いた。

 

例えば、マッサージ屋さんでも同じで、

「マッサージを受けたいと思う人がいない」とか。

 

ネットワークビジネスの商品だったら、

「この人から買いたいと思う人がいない」とか。

 

うわーってなった。

 

逆を返すとですね。。。

 

楽読(速読)の講師は、中部地区にいっぱいいるんだけど、

「楽読の人、いっぱい知り合いいすぎて、

 どこに行ったらいいかわからない」

って、ときどき言われるんだけど、

もしかしたら「習いたいと思う人がいない」って、

思われてることがあるってこと。

 

残念すぎる。。。

 

私がもし、本当にお花を習いたかったら、

誰かに気を遣うとか関係なく、

きっと習いに行くと思う。

 

知り合いのところ一通り、体験行って、

それで一番自分が良かったと思うところに通うと思う。

 

それをしないということは、

習いたい人が本当にいないんだと思う。

 

タロットもそうだったわー。

習いたい気持ちはいっぱいあって、

でも習いたい人がいなくて、何年も経ってた。

習いたい人が現れて、だで習った。

 

結局、サービスを受けたいときって、

「誰から」受けるのか、これがめっちゃ大事なんだな、

私の場合。

 

そして、同じように「誰から」を大事にしてる人、

自分が思ってるよりいっぱいいるんだなって思う。

 

ひとみんから習いたい。

ひとみんと学びたい。

ひとみんと一緒に成長したい。

ひとみんに寄り添ってほしい。

 

今、来てくれてる人って、私に対して、

少しでもそーゆー気持ちを持ってくれているということ。

 

ありがたすぎる。

 

これから出会う人たちにも、

そんな風に思ってもらえるように、

いろいろやらんといかんことがあるなって思った。

 

例えば、私、中部の楽読講師の中で、

一番読むの速いんだけど、

その情報をどこかで出してるかっていったら、

出してない。

 

初めて読む本を速く読むための研究も、

他の講師よりいっぱいしてると思うんだけど、

その情報も、とってもクローズ。

 

そーゆーお知らせ、大事だわね。

 

まっ。

気付いたワケですから。

 

これからやればいい。

 

そして、これからも、

やりたいことで習いたい人がいないものは、

習いたいと思う人が出てくるまで待つ。。。