読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それを話している「あなたに」興味がある。

私、お商売やってるから、

私の取り扱っている商材や商品を、
お友達に紹介してくれる人がいる。
 
「お友達のAさんがこれ欲しがってたから、連絡お願いしまーす」
 
みたいな。
 
これで、連絡して成約になることはとても少ない。
なんでかなーって、考えた結果。
 
私の商品に興味があるのではなくて、
「それを使ってよかった!」って話してる、
その人に興味を持ってるんだと思う。
 
やで、私は、間違えてはいけない。
Aさんは、私の商品にも私にも、
さして興味はない。
 
張り切ってプレゼンすると、
相手に不快な思いをさせることがある。
 
おんなじことが自分にも言える。
 
友達がとある商品についてしゃべってて、
「あー、いいな」って思った時。
 
自分が、「何に対して」いいなと思ったのか。
観察が必要。
 
その商品自体なのか、
それについてしゃべっているその人なのか、
はたまたそれ以外なのか。
 
そこが自分でわかってなくて、
紹介してもらったりすると、事故に遭う。。。
 
紹介のされ方にもよるけど、
場合によっては、あっち(販売元)に、
「この人(ひとみん)買う気満々だから!」みたいに、
伝わってる時があって、
実際お会いしたら販売してる人のことが、
全然好きじゃないタイプだったり、
モノの話をじっくり聞いたら、思ってたのと違ってたり、
「いりません。。。」なんてこともある。
 
これ、大変なこと。
 
全員傷つくから。
 
Aさん。
販売元からの信頼を失うし、
私のことも「え?」って思う。
「欲しいって言ってたじゃん!」って。
 
販売元。
聞いてた話と違うって思うし、
Aさんに「なんてしゃべったの?」って疑問を抱くし、
私に対しても「この人どういうつもり?」って思う。
 
私。
Aさんには
「そんなつもりじゃなかったのに、何言ったの?」って思うし、
販売元の人には、
「ガツガツ来て、失礼な人だわ」って思う。
これ、例えで、私の場合ね。
ガツガツ来られるのが、好きな人もいるよ。
 
だから、私、紹介する時もされる時も、
ものすごく気をつけている。
 
どのくらい本気で興味があるのか確認したり、
できるだけ会う時に立ち会ったり、
販売元に過剰な期待を抱かせないように、話す。
 
それでも、行き違いがあって、
傷つけてしまう時はあるんだけどね。
それにさえ気付いていないときもあるだろうし、
アフターフォローもできてないことも、
いっぱいあると思うし、
できてるときもあるかもしれない。
 
まだまだ対応に改善の余地あり。
 
f:id:PLEASURETONE:20160718075213j:image
 
初めて見たから、撮影させてもらった。
 
使用可能 残り 0バイト。
 
よく見ると撮影してる私が写り込んでるね。