読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の決断にあーだこーだ意見するのは、自分の価値観の押し付けでしかない。

最近、何人かの友人が、人生において大きな決断をしてる。

 

仕事辞める、会社たたむ、転職、

結婚、離婚、家買う、家売るなどなど。

 

「おめでとう」

「決断できてよかったね」

 

なんて、いつも言葉をかけるんだけども。

 

「おめでとう」って言えないとき、ある。

 

例えば。

以下、本当に例えね。

事実じゃない。

 

その1

一流企業にお勤めしてて、仕事を辞めると言っている。

会社に不満があるわけでもなく、

やりたいことがあるのでもなく、

次が決まってないのはもちろんのこと、

結婚もしてなくて、まーまーいい年の女性。

 

その2

無職の男性と結婚すると言っている。

「私が養う」と。

 

みたいな。

 

友達には幸せでいて欲しくて、

そのためには、最低限の生活は確保されているべきと思っているから、

収入がなくなるとか、

人の分まで稼がなくちゃいけないとか、

それって幸せじゃないことだって、

どっかで私思ってる。

 

だから、そんな人たちには、

「おめでとう」は言えないと思うし、

「本当にいいの?」ってきくと思う。

 

ふと思った。

 

みんなさ、なんで私に話してくれるかって言ったら、

応援して欲しかったり、背中を押して欲しかったりするからだよね。

 

なのに、もろもろの案件に対して、

1件だけ「おめでとう」が言えなくて。

 

「離婚した」って言われたら、

もれなく全力で「おめでとう♡」って言って、

相手を驚かせる私が。

 

言えない理由も相手に伝えたんだけど、

いろいろ考えたら、それってただただ私の価値観でしかなかった。

 

たとえどんなに給料が安い仕事だと、私が感じても、

彼がやりたいことなら、それでいい。

きっと、彼はお金以上に手に入れたいものがあるから。

 

たとえどんなに優良企業と、私が思ってても、

彼女がやめたいなら、それでいい。

きっと、彼女にとってはそうでないから。

 

たとえどんなクソ男だと、私が思っても、

彼女が一緒にいて幸せなら、それでいい。

きっと、彼女にとってかけがえのないパートナーだから。

 

たとえどんなに似合ってないと、私が感じても、

彼がそのヘアスタイルにしたいなら、それでいい。

きっと、私の好みでないだけだから。

 

みんなそれぞれ自分の価値観で生きてるんだよね。

私も。

 

自分のやりたいこと、進みたい道、応援してほしいよね。

誰だって。

 

そんなわけで。

 

自分の価値観はおいといて、

目の前の人がやりたいことを全力で応援する。

 

人の人生に口出しするほど、私えらくないし、

人の人生考える前に、自分の人生考えなくちゃね。