読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自分は若く見られる」って自己申告する人多いけど、ほとんどの場合が実際はそうではない件について。

これ、何が起こってるかというと、

「人から『◯歳に見える』って『言われる』年齢」と、

「実際に人から『◯歳に見える』って『思われてる』年齢」に、

差があるということだと、私は思ってる。

 

例えば、Aさんと初めて会ったとする。

※架空の人物です。

 

実年齢が40歳とする。

 

Aさんはよく「30代半ばに見える」って言われるから、

自分でもそう思ってる。

 

あなたが、Aさんを見て「40歳くらい」と思ったとき、

「40歳くらいに見えます」って言うかなー??

 

もちろん、言う人もおるけど、

 ほとんどの人が言わないんじゃないかな??

 

なんでかというと、日本人女性は、

「実年齢より少し若く見られるのを喜ぶ」と、

みんな知っているから。

 

人間関係を円滑にする処世術のひとつよね。

 

なので、思った年齢から「3〜5歳ひいた年齢」を言う。

人間関係が浅い場合は特に。

 

40歳くらいに見えたならば、

「30代半ばに見えます」みたいな。

 

違うかしら??

 

自分が人の見た目年齢について、

本人にお伝えするときはサバ読むのにさ。

 

自分が言われるときには、言った相手がサバ読むことは、

なんで意識から外してしまうんでしょーか??

 

これ、謎だし、不幸を生んでるわといつも思う。

 

ちなみに、自分が年齢をピタリと当てられたときは、

実年齢より上に見えていると自覚した方がいい。

 

もちろん例外というか、

誰がどう見ても若く見える人もおるけど、

そーゆー人は、

「若く見られるの」って、自分からは言わない。笑。

 

むしろ、若く見られることにコンプレックス持っている人も。

 

若く見える人の共通点。

※ひとみん調べのためサンプルは少ないです。

※主観です。

 

・前髪がある

・目が大きい

・お肌が綺麗(特に首)

・化粧が薄い(というか、薄く見える)

・表情が豊か

・服装がカジュアル

・抑揚があって、ハッキリした話し方

・「若く見られる」って自分で言わない

 

みたいな。

 

だからなんなんだ!っていう話なんだけどね。

 

客観的に自分を捉えようと思ったとき、

相手の言葉を真に受けるのはちょっと危険で、

気をつけた方がいいよって話。

 

 

以下、大きな声では言えない余談。

 

ちなみに私は、

「いくつに見える?」ってきかれたときは、

「私、同じくらいかなって思うんですけど」って言う。

 

これ便利。

 

自分より上だった → 若く見えますね〜

自分より下だった → しっかりしてらっしゃるから

 

みたいな。

 

そもそも。

「いくつに見える?」ってきいてくるような、

めんどくさい人とは、あんま仲良くなれん。私。

 

あとは、占い師だって申告してから生年月日きくと、

もれなく正確な年齢を確認できる。

 

そんな裏技も活用しておりますのん。